認知症発症の危険因子

病気が発症要因になることもあります。

たとえば高血圧の人。

高血圧治療の際に使われる血圧降下剤を服用することで、
脳の中が酸欠状態になって脳細胞が減少することがあるのですが、
これによって発病することもあるようです。

この他にも糖尿病や高コレステロール血症などの病気によっても
発病の危険性も高くなります。


喫煙も、よくないですね。

そればかりか、自分はたばこを吸わないで受動喫煙している場合でも、
通常よりも高い発病率うを示すようです。

この場合は、30年間で認知症の発病率が3割もあがっているそうです。


じゃ、どうすればいいの?ってことになりますが、
私見ながら、適度な刺激があって、社会との交わりを
活発にすることからはじめればいいのでは?
と、考えるわけです。


もちろん、疾病の予防・治療に怠らないことは言うまでもありませんよね。



浮気調査なら 「原一探偵事務所」

認知症になりやすい要因


認知症の発病率は75歳以上になると急激に高くなります。

現在の日本における認知症にかかっている人は
65歳以上の高齢者で3〜8%にもなります。
そして、この率が10%になる日も近いと言われています。

このようなことからも認知症の最大の危険因子は
「年齢」であると言えます。

認知症の中でもアルツハイマー型のタイプは
特に年齢と共に発病率が高くなることがわかっています。

ほかに、家族歴も大きく関係しています。
自分の両親どちらかが認知症をわずらっていれば、
その子供が認知症を発病する確率はは通常よりも高いとか

また親が早期に発症している場合、
その子供も早期に発症する可能性が高くなり
50歳台での発症率もかなり高くなります。

これらは遺伝因子によるものと考えられています。


育毛サプリメント Hatto
芸能界こぼれ話
在宅ワークってどんなの?


喜びを持って学び続ける場をご提供

認知症の症状


認知症の症状には大きく分けると4つに分類できます。

1つ目は「知的能力の低下」です。
物忘れがひどくなる健忘の症状ですね。。
日時、場所や人がわからなくなる見当識障害です。


2つ目は「心の症状」と「行動障害」です。
夜になると興奮状態になって行動がおかしくなることです。
不眠状態や幻覚症状を起こします。
また、抑うつ状態にもなります。

なので、勝手に歩き回って徘徊したり、
暴力的になったりします。


3つ目は「日常生活の低下」です。
日常生活において基本的なこと(食事、排泄、入浴、着替えなど)が
自分ひとりではできなくなります。


4つ目は「身体障害」です。
歩行障害、嚥下障害、失禁などです。

でも、これらの症状の出方には個人差があります。


山田 陽  山田式骨盤ダイエット法
アミノ酸って大切なのね
在宅ワークってどんなの?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。