認知症にはなるまいぞ!

認知症とは


一昔前までは日本では認知症のことを「痴呆」と呼んでいました。
これを2004年に「認知症」に変更しました。

認知症の意味は知能が低下した状態で、
脳の記憶や見識に障害があり、さらに人格障害などを起こす
症状を指します。

年老いたことによって記憶力が薄れる、ぼけるなどの症状とは異なり、
認知症とは、病的に脳の機能が低下し続けることのみを指しています。

頭部にケガをおったことによって知能が低下したら
それは認知症と言いますが、
判断能力が低下したことなどだけでは認知症にはなりません。


メディカルワン 看護師専門求人
芸能界こぼれ話
病気に負けない体づくり読本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。