認知症にはなるまいぞ!

認知症になりやすい要因


認知症の発病率は75歳以上になると急激に高くなります。

現在の日本における認知症にかかっている人は
65歳以上の高齢者で3〜8%にもなります。
そして、この率が10%になる日も近いと言われています。

このようなことからも認知症の最大の危険因子は
「年齢」であると言えます。

認知症の中でもアルツハイマー型のタイプは
特に年齢と共に発病率が高くなることがわかっています。

ほかに、家族歴も大きく関係しています。
自分の両親どちらかが認知症をわずらっていれば、
その子供が認知症を発病する確率はは通常よりも高いとか

また親が早期に発症している場合、
その子供も早期に発症する可能性が高くなり
50歳台での発症率もかなり高くなります。

これらは遺伝因子によるものと考えられています。


育毛サプリメント Hatto
芸能界こぼれ話
在宅ワークってどんなの?


喜びを持って学び続ける場をご提供

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。