認知症にはなるまいぞ!

認知症発症の危険因子

病気が発症要因になることもあります。

たとえば高血圧の人。

高血圧治療の際に使われる血圧降下剤を服用することで、
脳の中が酸欠状態になって脳細胞が減少することがあるのですが、
これによって発病することもあるようです。

この他にも糖尿病や高コレステロール血症などの病気によっても
発病の危険性も高くなります。


喫煙も、よくないですね。

そればかりか、自分はたばこを吸わないで受動喫煙している場合でも、
通常よりも高い発病率うを示すようです。

この場合は、30年間で認知症の発病率が3割もあがっているそうです。


じゃ、どうすればいいの?ってことになりますが、
私見ながら、適度な刺激があって、社会との交わりを
活発にすることからはじめればいいのでは?
と、考えるわけです。


もちろん、疾病の予防・治療に怠らないことは言うまでもありませんよね。



浮気調査なら 「原一探偵事務所」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。